おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ記事
ピックアップ記事
スポンサーリンク

【朝日新聞】願い 「日韓は良き友に」 

1: 名無しです 2020/02/10(月) 19:14:59.85 ID:CAP_USER
日韓は「良きライバル良き友に」~小此木教授の願い
市川速水 / 朝日新聞編集委員
韓流で「孤独感から解放された」

 終戦の年に生まれ、半世紀かけて日韓関係の浮き沈みを実体験してきた小此木政夫・慶応大学名誉教授(74)は、時々の政権の外交ブレーンの一人として、また民間交流でも代表格として、両国関係を体現してきた。

 筆者は日韓共催のサッカー・ワールドカップ後、韓流が最高潮だった2004年ごろ、ソウルで開かれた学術シンポジウムで小此木さんと同席する機会があった。韓流が話題になった時、小此木さんが「僕たちはいったい、何十年も何をやっていたのでしょうね」と苦笑しながらつぶやいたのを覚えている。

 あれは、専門家の研究や交流の積み重ねがようやく実を結んだという喜びと、人気歌手・俳優の登場が、あっという間に国の関係を変えてしまうという、学者としての無力感がないまぜになったような思いだったのだろう――その時に思った。

 苦笑には、さらに理由があったようだ。

 なかなか公然とは個人的な思いを口にしない小此木さんだが、2011年1月、慶大の定年退職を控えた最終講義でこう語ったのだった。

「72年から2年間の韓国留学中に、韓国政治の大転換を目の当たりにしました。同時に、私には日常生活もありました。下宿させていただいた延世大学の先生と家族は本当に親しく面倒を見てくれて、子どもたちもなついてくれました。私は韓国の庶民が好きでした。
 留学を終えて日本に帰る時、私は、自分が半分、韓国人になってしまったことに気づきました。それほど韓国にどっぷり浸かってしまったのです。ある意味、ひどく孤独でした。自分のような存在が日本では理解されないことがよくわかっていたからです。
 帰国する時に思ったことは、将来、韓国で日本が理解されることはあっても、日本で韓国が理解されることはないだろう。韓国人が日本文化を好きになることはあっても、日本人が韓国文化を好きになることはないだろう、ということでした。
 それから20数年たって、日本で韓流現象が起きた時、その予想は完全に裏切られましたが、本当にうれしい誤算でした。少なくとも、私は孤独感から解放されたと言うことができます」
 韓国への思いをついに日本社会と共有できるという、孤独感からの解放だったのだ。

小此木「『冬のソナタ』をはじめとする韓流に日本中が夢中になるまでには、いくつかの転換期がありました。まず国交正常化(1965年)当時の東西冷戦、88年ソウル五輪以降の韓国の経済発展と民主化。さらに90年代末の小渕恵三・金大中(キム・デジュン)政権時代の良好な関係を経て、私が夢にも思わなかった時代を迎えました」
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020012900006.html

日韓関係は「最悪」でなく「深刻」

 今、徴用工判決や慰安婦問題、嫌韓、ヘイトスピーチなどが渦巻き、日韓関係が「最悪」という言葉が飛び交う。

 しかし、小此木さんは真っ向から否定する。「悪い」わけではなくて「深刻」なのだ、と。

小此木「半世紀の間で最悪などということはありません。言い方とすれば、今は『国交正常化後、最も深刻な事態』の方がふさわしいと思います。
 そもそも、終戦で植民地支配も終わったのに、その後20年間もいがみあって、国交正常化交渉も継続的に進められなかった。もちろん若い人は知らないかもしれませんが、この歴史的事実を今、深刻に考え直す時なのです。冷戦下の安全保障とか、韓国経済開発の必要性とか、軍事政権の誕生などの条件が重なり、1965年になってようやく日韓が国交を正常化できたのです。歴史の大筋を見れば、それらの条件や環境が変われば、セットバック(後退)があるのは当然です。
 その意味では今、韓国が1965年の日韓条約や請求権協定まで後戻りして、改めて問題を提起している。1965年体制そのものが韓国側から問われているという事態が『深刻』なのです」
 問題は、関係悪化の程度ではなくて、焦点の「質」の転換だということだろう。

 小此木さんは、韓国に留学していた1970年代前半の雰囲気について、振り返る。

小此木「日韓条約を締結して6~7年経っていたわけですが、韓国では『自分は条約反対のデモをやったけど、正常化してよかった』という人が多かった。しかし、その反面、『日本にちゃんと謝って欲しかった。条約はやはり不平等じゃないか』と付言する人も少なくなかった。つまり、あの条約そのものが円満に結ばれたわけではない。いったん決めたことだから、と考えてはいけないのです。
 もちろん、それを捨ててしまうのではなく、それを土台にして補強していかなければいけません。事実としても、冷戦終結後の国際協調の時代に、河野談話、村山談話、小渕・金大中パートナーシップ共同宣言など、首脳級による積極的な発信がありました。韓国側がそれらの意義を過小評価していることが残念でなりません」
 この文化・風土の違いは、『韓国併合は「植民地化」でなく「同化」だった~小此木政夫さんに聞く「朝鮮と日本の過去・未来」(3)』の中心テーマだった。「約束」より「正義」を重んじる韓国と、約束を反故にすることが「ゴールポストを動かす」ように見える日本との根本的な違いだろう。

16: 名無しです 2020/02/10(月) 19:18:15.41 ID:Ux2O1kuL
>>1
なんかもう、必死すぎてミジメだな

66: 名無しです 2020/02/10(月) 19:27:50.85 ID:EjMogI78
>>1
寝言は寝て言え

575: 名無しです 2020/02/10(月) 20:38:20.82 ID:bsJb2jnm
>>1
個人の感想文なのに長すぎ

824: 名無しです 2020/02/10(月) 21:01:21.20 ID:caMIqrb1
>>1
つまり 放火魔が火を消してくれ だと

4: 名無しです 2020/02/10(月) 19:16:06.47 ID:QWVWb140
とりあえず約束は守ろうぜ

164: 名無しです 2020/02/10(月) 19:46:27.53 ID:J/1JMLvP
>>4
これしかない
そもそも約束守れない奴と良き友とか、頭おかしいだろ
まあアカヒだからなあw

187: 名無しです 2020/02/10(月) 19:51:23.99 ID:qXKRSBsN
>>164
そもそも「約束」や「友」の意味が日本と朝鮮で異なるから
だから朝日が「友」というのは朝鮮的意味の「友」なんだ

7: 名無しです 2020/02/10(月) 19:16:36.64 ID:/IWBy7yV
「良き」も「友」も連中とは概念が違うから無理。

23: 名無しです 2020/02/10(月) 19:19:39.40 ID:o4U0cy+9
御社の御尽力でズタズタですね。

24: 名無しです 2020/02/10(月) 19:19:40.58 ID:KTVsj+VC
よほど台所事情がキビシいようでw
45: 名無しです 2020/02/10(月) 19:23:29.41 ID:Q4CNC+mi
あきらめなさい
無理です

46: 名無しです 2020/02/10(月) 19:23:36.89 ID:xzukl+ca
まずは社旗について、どう思っているのか主張してこい

67: 名無しです 2020/02/10(月) 19:28:02.27 ID:dFU7uLTN
> 筆者は日韓共催のサッカー・ワールドカップ後、韓流が最高潮だった2004年ごろ
うわっ

80: 名無しです 2020/02/10(月) 19:31:04.51 ID:tS7F3kGE
朝日よ一日くらい韓国のこと忘れて紙面つくれないか

85: 名無しです 2020/02/10(月) 19:31:45.13 ID:nc/3Nvik
>>80
www

83: 名無しです 2020/02/10(月) 19:31:29.77 ID:bqfJXkMB
>『日本にちゃんと謝って欲しかった。条約はやはり不平等じゃないか』と付言する人も少なくなかった

そう思う根拠が反日捏造歴史教育じゃ意味ねーだろ

100: 名無しです 2020/02/10(月) 19:34:39.83 ID:K/rS0lIG
韓国に忖度して日本にメリットあるの?w

102: 名無しです 2020/02/10(月) 19:35:04.81 ID:BzmANY66
願うのは構わないが、韓国にちゃんとしろっていうだけだよ

163: 名無しです 2020/02/10(月) 19:46:22.51 ID:GCy8Zreo
朝日の社章を見せて「どう思う」と聞けや

引用元: ・http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1581329699/

コメント

  1. 目の前に より:

    その反日の種を蒔き続けているのが「ほら! 取材に来ているその朝日新聞とかいうところだよ」

  2. より:

    日本人も韓国人も友好を望んでないのに
    在日だけが友好って言いつづけてる
    そしてこいつらの言う友好とは日本人が在日に支配される社会のことをいう

  3. 天童 より:

    歴史紛争は韓国が仕掛けてきたものであり、日本が取り合う必要もない。
    韓国が振り上げた拳を降ろすための助け船を日本が出さなければ、
    後戻りできないバカ韓国は益々いきりたって自滅するしかないよ。
    韓国文化は砂上に建てられた楼閣、軽薄な虚飾文化でしかない。
    文化は、確固たる伝統を基にしながら、その土台のうえに自然に吹き出し
    建設されてゆく事が大切なのだ。
    国家存続の最高資産は世界から寄せられる信頼であり、
    道徳欠如で超不信頼社会・虚飾文化の韓国は世界の信用を失っており、
    復活は不可能だろうよ。宿り主の支那の武漢疫病でとどめを刺されるねえ。

  4. 普通の日本人 より:

    小此木?
    泉下の福沢諭吉翁も嘆くことだろうよ。
    ちなみに、俺、早稲田出身。