おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク
ピックアップ記事
スポンサーリンク

【中央日報】2001年のNHK外圧議論後、日本メディアは慰安婦報道に距離置く

1: 名無しです 2021/11/14(日) 18:15:28.29 ID:CAP_USER
省略

◇放送許可出ず退職して映画を作る

何年か前に朝日新聞の先輩記者が「ねつ造記者」という議論に包まれたことがある。日本にいるのが難しいほど激しい攻撃を受けこの数年を韓国で過ごしたりもした植村隆記者だ。彼は1991年に金学順(キム・ハクスン)さんが最初に慰安婦被害について証言した時に書いた記事のため長い時間が過ぎてから「ねつ造記者」と呼ばれることになった。

「ねつ造」という根拠に植村記者が「慰安婦」と「女子挺身隊」を誤用したと指摘する人もいるが、1991年当時韓国で「慰安婦」という意味で「女子挺身隊」という言葉を使ったりもしており、朝日新聞以外の他の日本メディアも使った。ところで「慰安婦」と「女子挺身隊」を誤用したとしても、何をねつ造したということなのか。金学順さんが慰安婦でなかったのではない。

植村記者は自身の名誉を回復するために法廷闘争に出た。10月に開催された釜山(プサン)国際映画祭で植村記者の法廷闘争を中心に描いたドキュメンタリー映画『標的』が上映された。『標的』を撮った西嶋真司監督は釜山映画祭で韓国の観客と対話した。「日本でドキュメンタリー映画を見にくる観客は年齢層が高い方だが釜山映画祭では若い観客が多く、質問内容を通じて歴史問題に対する高い関心を感じた」としてうれしそうな表情を見せた。釜山映画祭後に西嶋監督は『標的』で第33回アン・ジョンピル自由言論賞を受賞した。

西嶋監督はこの映画を作るために福岡の放送局RKB毎日放送を辞めた。もともとテレビのドキュメンタリー番組を作る考えから撮り始め、何度も企画書を出したが放送許可を得られなかったためだ。その理由は明確でないが、「慰安婦関連のためかもしれない」という。放送局に残ろうとするなら植村記者に関するドキュメンタリーはあきらめるほかなかった。テレビ番組ではなく映画として作るために35年勤めた放送局を2016年に退社した。

植村記者も2014年に朝日新聞を早期退職した。退職後教授に就任することに内定していた神戸松蔭女子学院大学には植村記者を雇用することに対する批判のメールと電話が殺到し、雇用契約を解約するほかなくなった。植村記者は「私の記事が真実なのかどうか確認しようともしない学校側の態度に失望した」と話す。非常勤講師として勤めた北星学園大学にも「植村を辞めさせろ」などの抗議メールと脅迫状が相次いで舞い込んだ。北星学園大学は植村記者が勤め続けられるよう努力したが結局辞めることになった。2016年に植村記者は日本を離れ韓国カトリック大学招聘教授に就任した。新型コロナウイルスにより韓日の往来が難しくなったいまは日本で雑誌「週刊金曜日」の社長の業務に専念しているという。

西嶋監督がこの問題に対して情熱的な理由は、植村記者が金学順さんの証言に対して報道した1991年に西嶋監督も特派員としてソウルにいたためだ。「私も植村記者が書いた記事と同じ内容を報道したし、他の日本の新聞社や放送局も同じだった。なぜ植村記者だけ非難を受けるのか」。

その理由は彼が象徴的な存在であるためのようだ。朝日新聞は比較的他の報道機関に比べて積極的に慰安婦問題について報道してきた。金学順さんは最初に被害を証言し国際的に慰安婦問題が注目される契機を作り、それを報道した植村記者が『標的』になったのだ。当時金学順さんの証言を報道したさまざまなメディアのさまざまな記者を非難すれば連帯して対抗していただろうが、特定メディアの特定の記者がスケープゴートになった。映画『標的』を見て意図的に朝日新聞と植村記者だけ狙ったということを感じた。

続く

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版
2021.11.14 12:39
https://s.japanese.joins.com/JArticle/284772?servcode=100§code=140

引用元: ・https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1636881328/





2: 名無しです 2021/11/14(日) 18:15:40.76 ID:CAP_USER
◇朝日新聞「放送編集に政治的圧力」

このように日本メディアはますます慰安婦関連報道に消極的に変わってきた。私は朝日新聞記者時代に主に文化部所属だったため慰安婦関連取材をする機会はなかったが、辞めて韓国に来て慰安婦関連ドキュメンタリー映画に関する記事を日本メディアに書いた時にやはりコメントやSNSで攻撃を受けた。こうしたドキュメンタリーも出てきたという程度の内容だったのに反応が大きくて驚いた。

今年韓国では米ハーバード大学のジョン・マーク・ラムザイヤー教授が書いた慰安婦関連論文に対する批判があふれた。韓国で連日大々的に報道するのを見て当然日本でもある程度報道しているものと思ったがほとんどしなかった。朝日新聞の先輩記者の話では書こうと提案はしたが書けなかったという。

私は2008年に朝日新聞に入社したが、その時はすでに慰安婦問題は扱いにくい雰囲気だった。河野談話が出された1993年当時は日本メディアも積極的に慰安婦問題について報道したものと理解している。西嶋監督にいつから雰囲気が変わったのか尋ねたところ「1997年ごろのようだ」という。1997年は「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」が発足した年だ。この会合は自民党の中の議員連盟であり、当時歴史教科書を「反日的」と指摘して慰安婦問題に対する記述をなくすように活動した。

「それより私が放送局にいて決定的だと感じたのは2001年のNHKのETV特集の時だった」という。NHKは2001年に放映したETVシリーズで太平洋戦争当時の性暴力問題を扱った。放送直前に内容が大きく変わったのだ。「朝日新聞は番組編集に対し政治的圧力があったと報道したのに対し、NHKは圧力はなかったと主張し結局あいまいになった」という。

多分こうしたことが韓国で起きたらジャーナリストが連帯して政府に抗議したりしないだろうかと思うが、西嶋監督は「このことを契機にほとんどすべての放送局で慰安婦問題に対して距離を置き始めたようだ」と話す。こうしたこともあって慰安婦問題に関し朝日新聞が攻撃を受けるようだ。

植村記者が提起した名誉毀損裁判は敗訴で終わった。西嶋監督は「納得が行かない判決だがそれでも裁判所が『ねつ造記者』と認めたのでは絶対ない。敗訴のためにまた誤解を受けている。この映画を見た人はどちら側に正義があるのか理解できるだろう」と言う。『標的』は植村記者ひとりの被害だけ描いたものでなく、日本でどのように慰安婦報道に対する言論の自由が脅かされてきたのかがわかる映画だ。

成川彩/元朝日新聞記者

終わり

28: 名無しです 2021/11/14(日) 18:26:47.31 ID:PCdWWQpn
>>1
捏造だよ。木村伊量は認めて社長やめたじゃん
35: 名無しです 2021/11/14(日) 18:28:49.12 ID:/HEkj3XH
>>1
外圧がしゃべった!
3: 名無しです 2021/11/14(日) 18:17:40.91 ID:NJXrDFRG
強制連行の物理的証拠は皆無だよね?
5: 名無しです 2021/11/14(日) 18:18:34.28 ID:avEEw7pZ
それで判決覆せるほどの証拠は何か出たんか?
53: 名無しです 2021/11/14(日) 18:35:07.98 ID:PMEv+i3c
>>5
証拠は映画で見たニダよ
6: 名無しです 2021/11/14(日) 18:18:51.11 ID:M+mveXLc
韓国の捏造を追った方がいいぞ
矛盾だらけだからなw



7: 名無しです 2021/11/14(日) 18:18:52.93 ID:b/ePfRxx
慰安婦と挺身隊の誤用を捏造と言われてるのはない
強制連行があった、性奴隷だった、が捏造なんだよ
11: 名無しです 2021/11/14(日) 18:19:28.37 ID:+UDaPZ/r
朝鮮戦争の慰安婦に全く触れない韓国のマスコミ
18: 名無しです 2021/11/14(日) 18:21:13.29 ID:KlC1E2zZ
慰安婦の件で、韓国人が朝日新聞社にダマされていたのは事実なんだから、
日本政府に返す10億とか、少女像の製作や撤去費用、韓国人が世界に恥をさらした損害賠償、なんかを、朝日新聞社に請求すればいいと思うよ。
19: 名無しです 2021/11/14(日) 18:22:27.34 ID:Udtfy/x6
なんであんな証言コロコロを信じることが出来るのかね
ジャーナリストならの証言の正当性を徹底的に取材しろや
22: 名無しです 2021/11/14(日) 18:23:52.01 ID:CjaqBPvb
朝日新聞の元記者同士が慰めあっても意味無いと思うけど。
27: 名無しです 2021/11/14(日) 18:26:19.59 ID:D+Tstz/e
>>西嶋監督は「納得が行かない判決だがそれでも裁判所が『ねつ造記者』と認めたのでは絶対ない

それ、ただの個人的解釈なだけだから。

40: 名無しです 2021/11/14(日) 18:31:33.97 ID:zIeLN9xN
あーアカヒが捏造だと認めて謝罪したやつね




45: 名無しです 2021/11/14(日) 18:32:46.55 ID:1Od00x+G
結構のたうち回ってるなw
47: 名無しです 2021/11/14(日) 18:33:29.32 ID:k2RstreB
>朝日新聞は比較的他の報道機関に比べて積極的に慰安婦問題について報道してきた。

朝日は慰安婦記事は捏造だと認めただろ、それに日韓慰安婦合意で全部解決済み、これ以上報道する必要なし
韓国が慰安婦合意を守ってないことについては、これからもどんどん報道していく必要はあるけどw

58: 名無しです 2021/11/14(日) 18:36:29.70 ID:/cXa4Q24
吉田清治の著作本を真っ先に朝日新聞が取り上げたことを書いていませんね。
59: 名無しです 2021/11/14(日) 18:36:30.02 ID:KQEXqxUq
エビデンス軽視する新聞社らしいや

コメント

  1. 名無し より:

    くだんね。何をやってもチョセン人何やらしてもチョセン人、史実は一つや

  2. より:

    慰安婦とは、軍人を対象にしている娼婦の事を言う。軍人を相手にしている娼婦は現在に於いても世界中に存在して居る。日本は慰安婦が居なかったとは言っていない。日本の強制は無かったと言っているのだ。慰安婦達は将校と同じような高給を取り、自由な休みには娯楽も楽しんでいた。一般人と同じく映画やピクニックにも行っていた。日本の朝日新聞が「慰安婦は日本軍が強制的に集めた」と事実と異なる記事を書いた事をきっかけに、内外の反日本勢力が騒いだのが、問題化した最初である、売旬婦の中には自分で応募した人のほか、親の借金のため売られたり、韓国人の業者に騙された人もいたが、”日本は強制してはいない”。逆に日本は慰安婦達を保護する為、売旬施設に伝染病予防するように通達を出したり、違法な募集をしないように呼び掛けた事はあった。その保護指導を指して、日本政府は”軍の関与があった”と発表したが、やってもいない強制連行を認めたわけではない。。。朝日新聞は何年もたってから、強制の報道が間違いであったと認め、夕刊の小さな記事で訂正報道もしたが、失われた日本の信用は戻らない。

  3. mk より:

    慰安婦という名称は、韓国でも解放後の数十年間、売春婦と同義で使用された。したがって、慰安婦=売春婦だ。1991年からハンギョレ新聞が、慰安婦という言葉を従軍慰安婦の名称に置き換え始め、メディアを通じて嘘を拡散した。慰安婦女性たちは、拉致されて強要された性奴隷ではなく、金をたくさん稼げるから自発的に売春をしに行った自由人である。慰安婦の手記を見ると、一般的なサラリーマンとは比べ物にならないレベルの給料を受け、存分に贅沢品を買いあさり、大金を集め、その時代を楽しんでいる。実際、慰安婦の割合も、日本人女性の方が多く、金をたくさん稼いで豊かに暮らしていた。日本軍が朝鮮女性を拉致して性奴隷にしたとか、人権を蹂躙したとか言う話は左翼共産主義者が作り上げたフィクション小説だということだ。昔も今も、体を売る女性が悲惨な暮らしをしていると思うか?

  4. 匿名 より:

    登場人物全て朝鮮人関係者だけじゃねえかよ。詐欺師国家韓国。